出産と病院と費用

出生前診断のメリット

出生前診断のメリット

出生前診断のメリット 高齢出産が増加するにつれて、出生前診断の是非について論争されています。出生前診断が世の中に過度に広まってしまったら、障害のある子供は排除され中絶の数が増大するのではないかという懸念がその背景にはあるのでしょう。
しかし、世の中には健常者であるなしに関わらず、どんな子供が生まれてきても受け入れたいと赤ちゃんそのものを望んでいる夫婦は決して少なくはありません。出生前診断は、生まれてくる赤ちゃんに特定の染色体についての異常がないかということを調べるものですが、そういった夫婦にとっては、そのメリットは事前にそれが分かるということに他なりません。事前に判明することで、障害を持った赤ちゃんを受け入れる準備期間が得られます。
どんな子供でも出産するという気持ちが、お腹が大きくなるにつれて確固たるものになることは想像に難くなく、また周りのサポ-トを得るための時間が必要です。この準備期間を有効に使うことが赤ちゃんの誕生を心から喜べることに繋がるのではないでしょうか。

出生前診断のデメリット

出生前診断のデメリット 出生前診断は検査にもよりますが、精度は高く陰性であれば障害をもって生まれる可能性が低いということもあり、妊婦の方は安心できます。しかし、逆に言えば陽性であった場合は心理的な負担が大きくなるとも言えるため結果次第ではデメリットと言えるでしょう。
また、陽性と結果が出たために中絶を選択することも多いと言われています。本来胎児の異常を発見し早期に対処ができるように推奨されている検査が、命の選別のようになってしまっていることもあるのです。もし、中絶を選択する場合は中絶に対する心の負担がありますし、出産することを決めても気持ちの負担が大きいというデメリットがあります。
羊水検査や絨毛検査は流産のリスクが0ではありせん。このようなリスクを伴ってでも受けるべきなのかということも考える必要があるでしょう。心理的な負担や流産のリスク以外にも費用面でも負担はあり、出生前診断は保険適用外のため金銭的負担も大きくなります。