出産と病院と費用

診断の概要と検査方法

診断の概要と検査方法

診断の概要と検査方法 出産を控える女性及びそのパートナーにとって、生まれてくる赤ちゃんの健康状態は重大な関心事です。できれば生まれる前に詳しい情報を知って、心の準備をしたいと願う人は決して少なくありません。
このようなニーズに応えるものとして、現在幅広く普及しているのが出生前診断です。これは、さまざまな手法を用いて胎児の状態を検査することによって、成長具合は順調か、臓器などに問題はないかといったことを調べるというものです。検査内容としては、特に染色体異常の有無に主眼が置かれます。というのも、異常があるかないかによって先天性疾患のリスクをあらかじめ推定できるからです。
具体的な診断方法には、胎盤の絨毛組織を採取する、お腹に針を刺して少量の羊水を抜き取る、といったものがありましたが、2013年からはNIPT(新型出生前診断)という技術がわが国でも導入されるようになりました。この技術は母親からの採血のみで染色体の状態をチェックできるというもので、従来の方法よりも母胎への負担が少ないという特徴があります。

診断の種類とその内容について

診断の種類とその内容について 出生前診断というのは、大きく分けると非確定検査と確定検査があります。
前者はそれだけでは病名などの診断がはっきりとわからない検査であり、後者はその検査だけで病名を診断することができるとあって、病名を診断できるものであると判断されています。出生前検査には検査名により内容が大きく異なるだけでなく、時期によって受けられる検査に違いが見られます。まず、非確定検査ではエコーのみで検査をすることができ、妊娠の早い段階で検査をすることが可能です。ただ、確実性が確定検査に比べて低いことから、もっと調べたいのであればさらに検査をする必要があります。時期は種類により違いますが、妊娠10週から18週の間に受けることができ、ダウン症などのリスクを調べることができます。出生前診断の確定検査では、診断は100%確実なものとなります。お腹に注射針を刺して羊水を採取するため、死産や流産のリスクがある検査方法なので注意が必要であります。