出産と病院と費用

初心者のための出生前診断情報サイト

どのくらいかかるの?出生前診断の費用について

どのくらいかかるの?出生前診断の費用について ここでは、出生前診断で行われる検査の費用を比べてみたいと思います。
母体血清マーカーテストは母親の血液から染色体異常がないか検査をします。
費用は1万円から2万円です。
胎児スクリーニング検査はいわゆるエコー検査ですが、妊婦検診で行うエコーとは別の検査です。
妊娠初期は染色体異常について調べます。
そして妊娠中期は胎児の体や、臓器の異常を検査します。
こちらは2万円から5万円ほどです。
絨毛検査は母体のお腹に針を刺すか、子宮頚部にカテーテルを挿入して胎盤から絨毛を採取し、染色体や遺伝子に異常がないか調べます。
ここからぐっとお値段が上がり10万から20万ほどかかります。
羊水検査は、こちらも母体のお腹に針を刺し、採取した羊水から異常の有無をチェックします。
同じく10万から20万ほどです。
・NIPTは新型出生前診断とも呼ばれています。
こちらも母体血清マーカーテスト同様に母体から血液を採り、染色体異常がないか調べます。
20万前後かかります。

出生前診断の費用は保険が適用されるのか?

出生前診断の費用は保険が適用されるのか? 近年高齢出産をする女性が増えたこともあり、出生前診断を受ける人が急増しています。
ただ検査を受ける場合気になるのがその費用ですが、保険適用外となるため自費となります。
出生前診断というのは任意で行う検査となりますから、費用は自費扱いとなり、妊婦検診のような自治体の補助などもありません。
検査の方法や病院によって費用は異なりますが、NT超音波検査で2万円~5万円前後、母体血清マーカーテストは1万円~2万円、NIPT新型出生前診断で20万円~35万円以上、羊水検査で12万円~15万円となっています。
NT超音波検査というのは、画像から染色体異常の可能性があるかどうかを判断する検査で、低価格で受けやすいというメリットはありますが、確定的な診断はできないというデメリットがあります。
一方NIPT新型出生前診断は母親の血液に含まれるDNAを採取することで赤ちゃんの染色体異常を調べることができる検査で、高性能な結果を得ることができます。