出産と病院と費用

高齢出産の診断のリスク

高齢出産の診断のリスク

高齢出産の診断のリスク 初婚年齢が年々上がっていくにつれて、出産の年齢が上がるということは当然のことですが、近年は女性の社会進出も出産年齢が上がる一因となっています。
ひと昔前までなら、30歳というのは高齢出産のひとつの目安でしたが、現在では多くの女性が30歳を過ぎてからの初産を経験しています。
高齢出産は妊婦に負担がかかるだけでなく、生まれてくる赤ちゃんの染色体に異常をきたすリスクが増えるということは周知の事実ですが、最近では出生前診断でお腹の中の赤ちゃんのある程度の障害が判明するようになりました。
出生前診断の代表的なものにダウン症の診断があります。
確定的な診断を得るためにはお腹に針を刺す羊水検査を行いますが、この検査を行うことによって稀に流産してしまうことがあるということは事実です。
このように出生前診断にはリスクが伴うこともあるうえ、費用もかかります。
受けるかどうかということは夫婦で話し合い、慎重に考えることをおすすめします。

10代だからこそ出生前診断を受けるべき?

10代だからこそ出生前診断を受けるべき? 女性は妊娠、出産をすることが出来るという素晴らしい能力を持っています。
誰もが元気な赤ちゃんが生まれて欲しいと願っている一方で、障害を持ちながら生まれてくる子供も少なくありません。
その可能性を少しでも判断するために出生前診断というものがあります。
妊娠した女性がある妊娠期間で出来る検査を出生前診断といいます。
特に年齢制限はなく10代の妊婦でも受けることは可能です。
妊娠した女性は、若いうちだから大丈夫と思って、出生前診断を受けない女性も少なくありません。
しかしながら、10代の女性でも妊娠をした時には、どんな赤ちゃんが生まれるのかということは予測できないのですね。
年齢が若いということは、社会経験も少ないですし、自分での育児はとても難しいことではないでしょうか。
そのため少しでも将来を予測することが出来るように、若くても出生前診断を受けることがおすすめなのです。
妊娠をしたら、是非考えてみましょう。
将来のために。